« 新婦のお手紙 | Main | お二人のプロフィール紹介 »

儀式の意味や由来

●プロポゼ(ブーケ&ブートニアの由来)
昔ヨーロッパでは、男性はプロポーズの際、野に咲く花をつみ花束を作りそれを女性に
手渡したそうです。この花がブーケになりました。女性は花束を受け取り、プロポーズOK
なら、その花束から1本の花を抜き男性の胸に飾りました。
これがブートニア(男性の胸に飾る花の事)になりました。 このロマンティックなプロポーズ
に習い、人前式などでは花婿がブーケを持って入場します。 お父さまのエスコートで入場
した花嫁にゲストの前でプロポーズの言葉(幸せにします。など・・)を述べながらブーケを
プレゼントします。
花嫁がそのブーケから一輪花を抜き取り(ブーケの横にブートニアをあらかじめ花婿がもって
入場します)花婿の胸にブートニアを飾ってあげる・・・こんなセレモニーをするのも素敵だと
思いませんか?また、花婿の入場前にあらかじめゲストの方に お花を渡しておいて花婿が
入場する時に一本一本ゲストから花を受け取り皆の前でブーケを作る(束ねてりぼんをかける)
のも人気がありますよ。人前式に取り入れる方が多いセレモニーです。

●ベール・アップ
花嫁がウェディングベールで顔を隠すのは貞操の象徴です。また宗教を問わず、ベールは
清浄の象徴とも言われています。結婚の誓いの後、このベールを花婿があげる儀式を行い
ますが、これは2人を隔てる最後の障害を取り除くという 意味があります。

●ライスシャワー   
古代ギリシャでは小麦粉やお菓子、イタリアではケーキ、フランスでは麦を投げたそうです。
貨幣制度の発達していない、もっと古代にさかのぼると穀物というのはズバリ財産の証です。
それを気前良く投げるのですから太っ腹ですよね。裕福の証として投げたという説もあります。
他にも子宝に恵まれ子孫が繁栄するようにという願いが込められているとか・・・。
又、 ヨーロッパでは、結婚式には悪い精霊が集まるといわれていて、その霊をなだめる為に、
お供え物として お米を投げると言われています。

●フラワーシャワー


さて最近は、花びらを投げるフラワーシャワーが主流になってきました。二人の愛が実を結び
花を咲かせたのでといわれていますが単純に綺麗だからって事かもしれません。

●指輪の交換
リングは左手の薬指にはめることなっていますが、これは、最も心臓に近い場所だから、物質的
には心臓ですが、本当に言いたいのはハートという事です。  心から、あなたに対して愛を約束
しますという事なんですね。そして、リングは、輪で輪にはいつまでも終わりはありません。
つまり、永遠に心から あなたを愛しますということです。

●ブーケ・トス
ブーケトスの由来は、花嫁のドレスは神秘的で縁起がよいとされていた昔。人々が花嫁のドレス
を引きちぎろうとするのを避けるため、ブーケを投げて人々がそっちに気をとられているうちに逃げ
たところから来たそうです。ブーケは、挙式・披露宴で持つブーケとトス用のブーケを2つ用意しま
しょう。挙式・披露宴用のブーケは持ちやすく形が崩れないように芯が入ってます。トス用ブーケは
ゲストに怪我がないように トスしやすいつくりになっています

●チャーム

欧米では、シルバーチャームは幸運を招くと言われ、生まれたての赤ちゃんや花嫁さんが身に
着ける習慣があります。チャームは、結婚式でお使い頂くものですが、式の後はチェーンに通して
是非“シルバーチャームブレス”としてお使い頂く事をお勧めします。お式の演出にはもちろん、
思い出のお品にもなりますので、大変お勧めのアイテムです。
ご紹介するチャームには6種にはそれぞれ意味があります。(チャーム簡単に言うとお守りの事です)

  *イカリ(Anchor).........................................冒険が待っている。
  *ハート(Heart)...........................................満たされた愛
  *カギ(Key)..................................................幸せな家庭
  *ホースシュー(Horse Shoe)...................幸運&多産
  *フラワー(Flower)......................................恋が叶う
  *リング(Ring)..............................................次の花嫁になる

●ブーケプルズ(ハッピーポーション) 
ブーケを投げるのではなくプル(引っ張る)セレモニーです。チャームをつかった演出をご紹介します。
【ブーケをお友達にプレゼントをして、「しあわせのリレー」をしたい方はたくさんいますがブーケトスが
できない会場や場所もあります。そんな方にお勧めのセレモニーです】
ブーケと7本のリボンそしてチャームを準備します。
7本のリボンに1つはブーケを残り6本にチャームを結びます。

ブーケプルズに参加するゲストに前に出てきてもらいます。未婚のゲストに参加していただきましょう。
もちろん女性中心ですが、ノリのいい未婚の男性ゲストをお一人ぐらいお願いするのもなかなかおもし
ろいですよ。    
リボンと(チャームのついている方)とブーケを花嫁がしっかりと一緒に持ち、反対側の端を参加者に
選んでもらいます。司会者のブーケプルズ(ハッピーポーション)の掛け声で、花嫁が握っていたリボン
を離します。ブーケにつけられていたリボンを持っていた人がラッキーレディーです。
大人数の場合、リボンが絡みやすくなりますが、からんでしまったら無理にひっぱらないでも大丈夫。
会場の担当者がからんだ所を直してくれます。
ブーケをゲットできなかったご友人にはチャームのプレゼントとなります。未婚の女性が多い時は 
チャームの数を増やしたり チャーム以外にもキャンディーやビーズのアクセサリーなどプチギフトを
リボンに結びます。これって本当に盛り上がりますよ。


●Luky 6pence*ラッキー6ペンス


花嫁の靴の中に1枚の6ペンスコインを入れておくと、経済的な豊かさと、幸せな結婚生活をおくる
事ができるという、イギリスのおまじないです。

●Luky Beans*幸せのいんげん豆
イギリスではウェディングケーキの中にいんげん豆を入れておき、そのいんげん豆が入っている
ケーキが当たった人は幸せになれるというジンクスがあります。ウェディングケーキは、フレッシュ
ケーキでと考えてらっしゃる方にはちょっとした演出にもなって、楽しいですよ。現在はインゲン豆
ではなく、アーモンドやチョコレートなどケーキに有った食材で代用しラッキービーンズが当たった方
にはプチギフトをさし上げる方が多いようです

●サムシングフォー
この4種類のものを挙式当日花嫁が見につけると幸せになれるというおまじないです。
その4つとは?

①サムシングニュー Something new!
何か新しい物。
たとえば真新しい手袋など。 これは新しい生活の象徴です。真新しい気持ちで彼の元に嫁ぎます
という意味があるそうです。新しい生活の一歩を踏み出すという事で、何か新しいものは新しい靴
を履く人が多いようです。

②サムシングオールド Something Old
何か古い物。
お母さんやおばあさんからハンカチやアクセサリーなどを借りて身に着けます。
これは祖先から受け継いだ富の象徴です。 

③サムシングボロー Something Borrowerd
何か借りた物。 
すでに幸せな結婚生活を送っている人が結婚式で使ったグローブやベールなどを借りて身につけます。
これは幸せなお友達から、幸せのお裾分けをしてもらうとか、お友達の幸せにあやかるという意味が
あるんですよ。 

④サムシングブルー Something Blue
何か青い物。
これは花嫁の純潔の象徴。だから、さりげなくブーケの中に青い花を入れたり、人からは見えないけど
青いガーターをつけたりします。 あくまでも、さりげなくっていうのがポイントです。

●ドラジェ
アーモンドチョコをシュガーコーティングした正統派、ドラジェ。この小さな粒のそれぞれに、 「幸福」や
「健康」や「子孫繁栄」などの意味があり、ヨーロッパでは幸せのおすそわけとして配られる祝菓子です。
他にも、小さくて可愛いチョコレートなどのスイーツ類も最近は豊富です

●ガーターリング(ガータートス用)
ブーケトスが次の花嫁を決めるものなら、ガーターとスは次の花婿を決めるものです。花婿が花嫁の
スカートに手を入れて・もしくはもぐって、手を使わず口だけでガーターを抜き取り未婚の男性に向け
後ろ向きでトスします。これを受け取った人が次の花婿といわれています。

●キャンドルサービスの由来
歴史は意外と浅く、ほんの数十年前に、ホテルでのウェディングが一般的になりだしたころ、
ホテルの婚礼部門とキャンドル屋さんが知恵を絞って考え出したアイデアなのです。やりたい人
やりたくない人に分かれる演出のひとつでしょう。一つだけ 言えることは、せっかくお招きした
お客様の一人一人に直接お礼を言って回る時間がきわめて限られている新郎新婦にとって、
各テーブルを回ってご挨拶することのできるキャンドルサービスの形態は、極めて理にかなって
いるものといえるでしょう。キャンドルサービスをしない方も必ずゲストテーブルにご挨拶に伺う
演出を1つは入れましょうね。
 
●ユニティーキャンドルセレモニー
欧米のキリスト教式や人前式で広く一般的に行われているセレモニーです。日本古来の
「かまどの火」の儀式と同じように、両家の火を新郎新婦に分け与え、その火を二人が合わせて
受け継いでいくというものです。 まず、ご両家のお母様が、それぞれのご家庭の火を子供達に
分け与えるという意味で、両サイドのキャンドルに点火します。次に新郎新婦は、それらの火を
中央のメインキャンドルに移し合わせます。二人が育ったそれぞれのファミリーを表す
サイドキャンドルから新しい家庭を表わす中央のキャンドルへと火が灯される時、ふたつのファミリー
がひとつになって新しい家庭が築かれます。

●6月(June)の花嫁(Bride)は幸せになれる
Juneは、ローマ神話に出てくる女神Juno
(イタリア語でユノー、英語ではジュノー)が由来。Junoは、ギリシャ神話ではヘラと言います。
ローマ神話の全知全能の神ジュピター(ギリシャ神話のゼウス)の奥さんで、結婚と家族の
守護神とされてます。その主女神の月だから、6月に結婚した花嫁は幸せになれるというのが
由来です。ちなみに日本では10月が一番婚礼が多いのです。

●水合わせの儀
古来から水合わせの儀と言う儀式があり、今でもその地方では、儀式が行われています。
水合わせの儀とは、花嫁が嫁ぎ先の水に馴れ親しむように、花嫁の家から水を運び大杯に
お互いの水を合わせ、新しい家庭に慣れ、健康で過ごせるようにとの願いを込めた儀式です。
これを少しアレンジして、お水の代わりにお酒やワインを使ってもいいですよ。お二人が作った
新しいお酒で三々九度をすれば一層盛り上がります。
お酒を使うなら出身地の地 酒を使いましょう。

●三々九度
神前式では必ず行われる三々九度。この儀式の始まりは江戸時代でした。
三組に重ねられた杯に2度お酒を注ぐ真似をし、3度目に本当にお酒を注ぎます。そして、杯の
お酒を、3度に分けて飲みます。3つの杯をそれぞれ3度ずつ、合計で9回飲むので三々九度と
いうそうです。
3や9は、昔からおめでたい数字だそうで、この数字を繰り返すことで、更におめでたいという説
や数字を陰と陽に分けた時奇数が陽になり、陽のなかで最も大きな9という数お酒を飲むのが
いいという説など、色々あるようです。 3段に重ねられた杯は上から「天」「地」「人」を表している
そうです。

●折鶴のシャワー
これはオリジナルのセレモニーです。和装の姿で人前式を行った新郎・新婦の時に会場スタッフが
提案したもので 待合室でゲストの方に色とりどりの和紙で折鶴を折っていただき人前式終了後、
ゲストの方に折鶴のシャワーでお祝いしていただきました。

●鏡開き(樽開き)
鏡開きの御(おん)儀式は約三百年の昔、徳川四代将軍家綱が戦に備え、諸大名を城に集め、
先祖の甲冑の前に、お鏡を飾って出陣の舞を舞い祝宴を致しました。これが鏡開きの始まりです。
つまり出陣の際の必勝祈願としたわけです。

●祝い餅つき 
『鏡餅とは神様と人を仲介するものであり、1年間の幸せを願う「晴れの日」に神前に捧げた餅を
みんなで分け合って食べることで、神様からの祝福を受けようという信仰・文化の名残り』なのだ
そうです。和装の披露宴にはぴったりですね

●箸取り
公家の婚礼で行われていたと伝えられる儀式です。島台の上に美しく盛り付けられたお菓子を
箸を使い、二人がゲストに取り分けます。

|

« 新婦のお手紙 | Main | お二人のプロフィール紹介 »

Comments

always i used to read smaller content which also clear their motive, and that is also happening with this paragraph which I am reading at this time.

Posted by: acai berry | 2014.10.22 at 18:02

Greetings from Florida! I'm bored to death at work so I decided to browse your site on my iphone during lunch break. I enjoy the information you provide here and can't wait to take a look when I get home. I'm amazed at how fast your blog loaded on my cell phone .. I'm not even using WIFI, just 3G .. Anyhow, wonderful site!

Posted by: Charla | 2014.10.25 at 23:29

Please don't forget that vintage watches have survived for a lot of decades by being treated Romance God created the brand considering that 1988, the company, registered in 102 countries about the world omega seamaster ladies watches,jewelry brand,merchandise exports to 70 countries, is really a specialized manufacturer of watches annd jewelry. Romance of Godd in 1998 to become a global brand,hire famous Swiss designer Wolfgang Jonsson program development of brand identity company logos,uniform color. Romance God mega seamaster quartz watches Korea Co., Ltd. has become the leading companies in the sector, the reputation is well recognized South Korean brand abroad. God watches Co.Ltd. has generally been committed to technological innovation and excellence in quality romantic and fashion capture,fashion jewelry has behome a world dedicated to business goals and tireless efforts.

Posted by: http://tinyls.net/nikeblazers972518 | 2014.11.26 at 12:36

Yes! Finally something about minecraft.

Posted by: match.com | 2015.04.05 at 21:18

What's uр іt's me, І аm ɑlso visiting this World Wide Web paցe daily, thiѕ web рage іs iin fact fastidiou аnd tҺe users are аctually sharing ɡood thoսghts.

Posted by: TwoDDL Direct Download Links | 2015.06.21 at 00:48

I know this web page presents quality depending content and additional data, is there any other web site which provides such information in quality?

Posted by: wathces | 2015.08.07 at 19:31

Howdy would you mind sharing which blog platform you're using? I'm planning to start my own blog soon but I'm having a difficult time selecting between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal. The reason I ask is because your design and style seems different then most blogs and I'm looking for something unique. P.S My apologies for being off-topic but I had to ask!

Posted by: wathces | 2015.08.07 at 19:56

A motivating discussion is definitely worth comment. I think that you ought to publish more on this topic, it might not be a taboo matter but usually people don't discuss such issues. To the next! All the best!!

Posted by: Cara Jual Token Listrik | 2015.10.17 at 13:17

Magnificent web site. A lot of helpful info here. I'm sending it to some buddies ans additionally sharing in delicious. And of course, thanks for your sweat!

Posted by: Free porn XXX | 2015.12.18 at 07:00

Appreciate this post. Will try it out.

Posted by: trenchless sewer line replacement | 2016.02.13 at 23:05

You actually make it appear really easy along with your presentation but I find this topic to be really one thing which I feel I would never understand. It seems too complicated and extremely large for me. I'm looking forward to your next put up, I'll attempt to get the dangle of it!

Posted by: Sabina | 2016.02.19 at 02:19

I used to be able to find good information from your blog articles.

Posted by: Steve | 2016.02.19 at 04:16

I used to be recommended this web site by my cousin. I am now not positive whether this publish is written by way of him as nobody else understand such designated approximately my problem. You are wonderful! Thank you!

Posted by: Jesse | 2016.02.19 at 05:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48382/1719113

Listed below are links to weblogs that reference 儀式の意味や由来:

« 新婦のお手紙 | Main | お二人のプロフィール紹介 »