« ハネムーン | Main | »

新居探し~引越し

どんな部屋が二人にはぴったりなの?

共働きの場合
出来ればふたりの通勤に便利なところが理想です。どちらかの
通勤が不便になってくると、後々、不満が出てくる事もありますので
納得できる妥協点を探し出しましょう。

すぐにでも子供が欲しいと思っている場合
子どもがいることを想定して、間取りを選ぶ事をおすすめします。
二人で住むにはちょうどよい間取りでも、家族が増え、手狭に
なったというのもよく聞く話です。

次に「賃貸」にするか「購入」するのかも考えてみましょう。
将来的なビジョンを出し合い、二人で話し合ってみましょう。
転勤が多い場合、住居を購入しても、そこに住めない…という
ことも十分考えられます。両親との同居を、と考える場合、
一戸建の購入を検討する人も多いようです。

「賃貸」なら住み替えが簡単ですが、毎月お金を払うだけで
自分たちの財産にはなりません。「購入」した場合は、最終的
に自分たちの財産にはなりますが、気軽に引越、という訳には
いきませんよね。今後の自分達にとって、どちらがよりお得で
ベターな選択なのかを、よく検討してみてください。

「賃貸」にも「購入」にもそれぞれメリット、デメリットがあります。
「これだけは譲れない!」というポイントをおさえ、希望条件に優先
順位をつけてみてはいかがでしょうか?時には妥協も必要ですよ。

安心の不動産屋さん


●新居が決まればお引越し
まず考えなければならないのは、「どんな荷物をどこから運び込むか」
ということです。お互いの持ち物を持ち寄る場合もありますし、新たに
購入したものもあります。新たに購入したものについては、部屋の
引渡し後に、新居に運んでもらうように手続きをしておきます。
友達などに応援を頼んでもよいでしょう。これで引越代も節約可能! 
でも、たまに「手伝ってもらったお礼の方が、高くついた」という話もチラホラ…。
エレベーターがなかったり、狭い通路を通るなど、搬入が難しい新居なら、
プロに頼んでしまう方が安心です。大物の電化製品や家具などは、事後
防止のためにも、プロに依頼することをおすすめします。

プロに頼む場合は、引越日の1ヶ月前頃には依頼しておきたいものです。
複数の業者に見積もりを頼み、料金やサービスなどを比較します。
見積もりは無料なので、安心して下さい。運び方を決めたなら、難関の
荷造りです。まず、新居のレイアウトを考え、運び込む部屋ごとにまとめて
つめます。ダンボールには「キッチン」「リビング」など、運び込む先を書いて
おきます。食器などの割れ物は、しっかりと隙間なく詰めましょう。
新居にお引越し出来るだけ安い業者さんへ依頼したいですね。

Click Here!

|

« ハネムーン | Main | »

Comments

I don't even know how I ended up here, but I thought this post was good. I do not know who you are but definitely you are going to a famous blogger if you aren't already ;) Cheers!

Posted by: html editor for macbook | 2014.06.28 at 07:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48382/1785185

Listed below are links to weblogs that reference 新居探し~引越し:

« ハネムーン | Main | »