新郎父の大役・親族紹介や新郎父の挨拶 例文あり

楽しいい時間はアッと言う間です。披露宴もお開きがちかづいてきました。
お父さまの見せ場?両家代表謝辞です。新郎様のお父さまがおっしゃる
ケースが大多数をしめますが お父さまがいらっしゃらない場合や新郎様が
養子に入られる場合などで多少違ってきます。
新郎様のお父さまがいらっしゃらない場合は新婦お父さまや新郎お母さまや
もしくは新郎が代表謝辞をすることが多いです。
新しいご家族の代表ですのでよく話し合っておきましょう。

ここでは、お父さまの謝辞の例文をご紹介します

新郎父の挨拶 例文1
(媒酌人がいない時は下線部分をカットして下さい)

本日は、お忙しい中を○○、○○の両人の為にかくも 多数のご臨席をいただき
まして、誠にありがとうございます。両家を代表致しまして、厚くお礼申し上げます。 
私、新郎○○の父、○○と申します。

このたび、ご媒酌の労をおとりいただきました、○○様 ご夫妻には
こうして二人が晴れの日を迎えました事を心 からお礼を申し上げます。

さきほどから、○○様はじめ、ご来賓の皆様から、ありがたいお心のこもった祝福
と、ご教訓のお言葉を頂き、当の二人はもちろんの事、私どもにとりましても、身に
あまる光栄と厚く お礼申し上げます。皆様からいただいた温かいお言葉を深く心に
刻んで○○、○○両人共気持ちをひきしめ、仕事に、 人生に取り組むものと信じて
います。ただ、なにぶんにもまだまだ至らぬところの多い二人でございますので今後
とも、 皆様の温かいお導きと励ましをたまわりますよう、心から お願い申し上げる
次第でございます。
又、司会の○○様、長時間に渡り本当にお世話になりました。
本日はわざわざのご列席をいただきながら、何かと至らぬこと も多々あったことと
存じますがお許しのほどお願い申し上げます。 これをもちまして、両家代表の
ご挨拶とさせていただきます。まことにありがとうございました。

結納用品を主に扱っていらっしゃいますが 親族紹介の仕方や乾杯の方の挨拶例文
お父さまのご挨拶も例文もわかりやすく紹介されています。 
冠婚葬祭、困った時は 【結納ドット・コム】

例文2

ご紹介いただきました新郎の父、○○でございます。両家を代表いたしまして
一言御礼を申し上げます。本日はお忙しいなか、両名の結婚披露宴に大勢の
皆様にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。
△△△△様ご夫妻にご媒酌の労をとって頂き、○○・□□の
婚儀が無事整いました事、心から御礼申し上げます

先ほどから、新郎新婦のために多くの方より身に余るご祝辞をいただきありが
たく拝聴いたしました。心のこもった励ましのお言葉は、ふたりはもちろん、
私どもにとっても生涯忘れられないことと思います。
また、学生時代のエピソードなど、大変楽しませていただきました。

皆様もご存じの通り、ふたりは大学のサークルで先輩後輩として知り合い
長い時間をかけてお互いを思う気持ちを育んでまいりました。□口さんは、
優しくそして賢い女性です。そして、親バカを承知で申し上げますと、息子
は□□さんと出会ってから人を思いやることのできる大人の男へと、大きく
成長したと思います。
今日、ようやくこのふたり、特にお話にありましたように無欽砲だった○○が
学生時代から憧れの人だった□□さんと新しい家庭を作るのだと思うと万感
胸に迫るものがございます。

今日の誓いと感動を胸に刻み、お互いをかけがえのない存在として思いやり
ながら、これからの人生を歩んで欲しいと、親として切に願っております。
まだまだ若く、社会経験も未熟なふたりですが、皆様にはどうかこれまで以上
にふたりをお導き下さるようお願い申し上げまして、両家代表のご挨拶とさせて
いただきます。
本日はまことにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)